スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
司法書士試験の動機♪
2007 / 08 / 21 ( Tue )
今日は仕事7連チャン後の休みとなりました~何しようかなぁ~
って「勉強しろっ」て感じですよね・・え~無理です

今回は初心に帰って、何でこの資格を目指そうと思ったのか振り返ってみます。私の場合は友達が法の下で困っていたのが法律に興味がでるきっかけとなりましたそれは「中学卒業後10年目の会」とかいう中学の同級生が10年ぶりに集まる会に参加した時の事です。その2次会で中学校3年の時にクラスメイトだったある友達と席が隣になったんです。その友達A子は浮かない顔をしていたので

「どうしたの元気ないじゃん
A子「○○さぁ~法律とか知ってる?」
「法律?なんで???」
A子「どうしたらいいか困ってるんだ~・・

聞くところによるとA子は、小さい頃に母親が他界し、父親に育てられてきましたが、22~3の頃に父親も他界してしまったんです。すると父親にはある程度の遺産(土地がいくつか)があったんですが、その父親の兄弟(もともと父親と仲が悪かった)が根こそぎとったんだそうです。

頼るべき身寄りのいない友達のために力になりたいと思った私は(いやA子が結構美人になっていたからかもしれません)後日、「司法書士」というものを調べ知りました。それをA子に伝え、司法書士に相談に行った所うまく解決してもらったそうです

すげ~「司法書士」ってなんかカッコいいな~「法律」って強いんだな~
と思った私はその翌日には司法書士試験の本を買いあさり、これを職業にしたいと強く思いました

これが私の法律&司法書士の受験の決意に至った動機なんですね


A子が美人になってなければ受験を決意してなかったかもしれませんがなにか




スポンサーサイト
10 : 11 : 59 | その他 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。