スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
民法の基本書♪
2007 / 09 / 08 ( Sat )
最近は結構ストレスを感じますその原因は「早く勉強始めないといけない」ストレスです他の受験生のブログを眺めてますと、ある方は今年合格の可能性が高いのに落ちたときの事を考えて勉強を開始していますいやぁ~凄い・・

私は基準点に引っかかるかどうかのラインで、不合格確実と思いますが、今年に限ってミラクルがあり(合格者大幅増)可能性はゼロではないと思いたいので合格発表があるまでは勉強しません

そこで、せめて10月からスムーズに勉強開始できるように準備だけは進めて行こうと思いますまず、なんといっても民法から勉強開始です。そこで、4年目(実質3年目)に向けて民法の基本書を買い変えようと思います今までは友達からもらった「国Ⅰバイブル 民法(2003年発行)」(Wセミナー)を基本書として使ってきました。公務員試験用ではありますが、本試験で9割はとれる十分使えるものでした。しかし年度も古いので、今度は満点とれるくらい解説がレベルUPした基本書が欲しいので、市販で購入できる良さそうな基本書を調べました。次の3点が良さそうでした。


① コンパクトデバイス (Wセミナー)         民法 Ⅰ   3360円
                             民法 Ⅱ   3360円     
                                   計 6720

② 基本書 民法(司法学院)          総則     3780円
                            物権法     3150円
                           担保物件法   3780円
                            債権法     3780円
                           親族相続法   3570円            
                                  計 18060

③ 成川式 択一六法(Wセミナー)       民法     3150


まず、②は司法書士の過去問の範囲を完全網羅し、内容も分かり易く最高の基本書だと思いましたが、何といっても高い高すぎるそして5冊に分断され、持ち運びに困るその点、司法試験用の①&③は値段がその3分の1もしくは6分の1で済み、内容も図表をうまく使って分かり易く司法書士試験の過去問の範囲も完全カバーしていると思いましたそこで、民法の基本書は①か③のどちらかを10月迄に購入しようと思います




スポンサーサイト
11 : 09 : 17 | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。