スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
「ぽい」と「ぽくない」・・
2008 / 01 / 15 ( Tue )
ここ一週間は06年&07年度の答練を必死に解いてます点数は午前午後とも大体25に届かない点数で安定しています・・(詳しくは答練カテゴリー

このクレアール答練なんですが、去年に1度解いてるし決して難しい問題とは思わないのですが、毎回10問前後は間違えます35問中、2~3問は捨て問だとしても、7~8問は「とれてもおかしくない問題」なんですが落とすんです

で、この間違える7~8問について分析してみました(もちろん知識不足が原因ですが、ここでは少し違った観点から)
まず、択一の解き方って消去法で解きますよね(解くとして)4肢確実に“切る”ことができればその問題は正解になりますが、3肢しか切れなければ残りの2択で悩みます。この時、普通はこの2肢を比較して「これっぽいなぁ~」で選びますよね単純に「ぽい」方を選択しますよね私はそうやって選択してるんですが、

このパターンで間違ってることが一番多い

「これっぽいなぁ」で間違うことが一番多いんです。逆に「これ違うだろぉ~(ぽくない)」が正解だったり結構あります。
この点、問題作成者は間違いの肢を正解の肢の様に思わせるのが目的なので、「ぽい」と思ってしまったら出題者の術中にはまったと立ち止まり疑うべきと思いました!

つまり
確実に分かった問題以外は間違ってると疑うべき

「これっぽい」とか「これっぽくない」的に解いた問題に細心の注意を

・・とここまで書いといてこの分析って大した意味をなさない事に気付いてしまいました・・
例えば、疑って「ぽい」のに「ぽくない」方を選んで、例え、当たったとしてもそれはマグレ当たりになりますもんね・・「ぽくない」んですから

本試験以外でマグレ当たりは何の意味もないです
素直に「ぽい」を選びましょう・・
スポンサーサイト
15 : 14 : 29 | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。