スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
「うかる!記述式」第2回
2009 / 05 / 21 ( Thu )
うかる!記述式
~合格への直前予想編~第2回




不登法 

所要時間 60分

29.0/35

間違った場所
農地見逃し関係-2
添付書面-2
連帯債務者を債務者と記載-1
登録免許税-1


今回は前回に比べて実体判断は易しかったけど手続き関係がややこしかったです

本試験でこのレベルの出題があった場合、細かいミスをどれだけ防げるかが勝負の分かれ目になりそうです

今回は別紙問題でもなかったため時間も60分で済みました



問題はやっぱり次です


商登法

所要時間 60分

4~8/35

間違った場所
(何点もらえるのかもう分かりません1欄5点の枠内で、○が15個あっても、×が5個あったらそれだけで0点になるんですかね・・)




いや~強烈な問題でした

論点が多すぎる・・

そして濃すぎる・・

第1回を上回る濃い内容と思いました

復習もいつもの4倍かかったし・・脳がパンクしそうです


マジでこんなの解き続けてたら本試験が簡単と思えるでしょうね

本試験は(今の所)濃い論点が1つあるかないかだけど、「うかる!」は3つも4つも5つも

あるんですから・・



あ!

凄いの見つけました


今まで添付書面に

取締役及び監査役の就任承諾を証する書面は株主総会議事録の記載を援用する
代表取締役の就任承諾を称する書面は取締役会議事録の記載を援用する


と詳細に記載していましたが、


就任承諾書は、各議事録の記載を援用する


たった1行で済ませていました

本当にこれで大丈夫なんでしょうか

これで大丈夫ならかなり時間の短縮になります

かなり助かります

ある意味必殺技です

今度のLEC模試で試してみる事にします





最近の勉強は過去問(直近10年分)を1肢1肢丁寧に解いてます

特に民法ですが曖昧な肢が沢山ありました

新たな発見も沢山ありました

何よりも、過去問を解いていたら精神衛生が非常に良くなる事を発見しました

やっぱり過去問が一番の受験バイブルですもんね

答練ばっかりの受験勉強だったのでそれに疲れてきた事も幸いしました

6月に入っても過去問を解き続けようと思っています


一方、記述に関しては答練は絶対に外せません

今現在、「うかる」と「ジャンプ09」の記述を必死で解いてます

どちらも最高レベルの問題で本試験対策としてはバッチリの気がしています

どちらもLECさんの2ランク上を行く問題です


やっぱり今年のLECさんはおかしいと思います。特に記述が・・(去年も?)

(あ不登だけです商登は口出しできるレベルに無いので

精選答練全12回だけでなく、ファイナルの記述も特にひねりのないいわば保守的な出題ばかりでした


本試験は突発的な出題もしてきます(去年の様に)

「うかる」なんて、毎回毎回、知力体力精神力の全て要求してくる出題をしてくれますし

「ジャンプ」も、事実関係を現代文のような文章で3ページにも渡って問う形式にしたり

いかにも実務家らしさのある出題があったりします


記述は実務家が作成している事は間違いないようなので、ベーシックな予備校の出題

では本試験に対処できない気がしています(LECさん純講師の作成でしょでしょだって他校に比べ

て実務色無いから・・)

最近、H19年度本試験不登書式も解きましたが、まず予備校問題ではありえないレベルの欠陥問題

でした(代取からも委任状を頂いていると「自分で仮定を立てないと」解く事ができない問題)

本試験の記述対策としては様々な問題に対処できる視点を養う為にもバライティーに富んだ

問題を解く事が大切な気がします



LECさん頑張れ~~




もう遅いけど・・











スポンサーサイト
00 : 55 : 08 | 勉強 | コメント(14) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。