スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
「うかる!記述式」第3回
2009 / 05 / 28 ( Thu )
うかる!記述式
~合格への直前予想編~第3回




不登法 

所要時間 60分

27.0/35

<間違った場所>
添付書面-6
登記事項-2


なんといっても添付書面でした。「いつもと違う記載」にやられました。

注意事項で登記原因証明情報の具体的支持を完全に読み飛ばしました

登記原因証明情報が限定されているものは凄く大切なので、本試験で問われることも想定して

しっかり頭に叩き込んでおかないといけません


一方、実体判断は今までの中で一番易しかったかな

これくらいだったら高得点での争いになりそうです


脱線しますが、ジャンプ5回の敷地権付き建物の根抵当権の極度額増額変更の論点は感動しました

司法書士によってもその知識があるかないかによって、希望通りの登記ができる人とできない人が

出てくる事もありえるのかなぁと思ってしましました

(実際このレベルは超基本論点とお叱りを受けると思いますが・・

ちょっとだけ説明しますと

土地&建物があって、土地に根抵当権が設定されてて、その後敷地権発生

依頼人①極度額増額変更したい→②建物にも根抵当権追加設定したい

と来た場合、もちろん敷地権発生後の極度額増額変更はできません

なので私なら

「できないので帰って下さい

と言ってたでしょう


しかし、

①と②の順番を逆にすれば

①共同根抵当権設定(追加)→②共同根抵当権変更(極度額の増額変更)

と順番を変えると、なんと!望みどおりの登記ができる様になるんです

凄い


ん?別にこれくらいは常識なのかな

Wジャンプは普通にこれを問うてくるんだから



話は、「うかる」商登です

商登法

所要時間 70分

20?/35

間違った場所
添付書面-5
登記事項-5~-10


初めて点数らしい点数がでました

でも1~2回に比べて大分易しかったですね

商登書式の苦手意識はまだまだ払拭できません・・><;


現在の心配科目をランキングにしますと


1位 商登書式
2位 民法
3位 民訴
4位 憲法
5位 刑法

って感じです

商登書式の足きり(多分今年からある)がとても怖いです

午前科目が3つも入っている午前の足きりもかなり怖いです


ふー・・


最近は心配からため息ばっかりです・・



根本先生がおっしゃる「心配をなくす方法を教えましょうか?」





「勉強する事です!!!!!」









その通りですねjumee☆Feel Depressed4








スポンサーサイト
00 : 19 : 58 | 勉強 | コメント(18) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。