スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
日本語
2008 / 11 / 18 ( Tue )
日本語能力の無さにショックを受け、ブログを書いているアカマターです

いや~日本語って難しいです

今回も日本語でつまづいてしまいました

その問題自体は超基本問題なのに、私は日本語で間違えてしまうんです

しかも2問も・・

やっぱり普通の受験生は秒殺なんでしょうか・・?

よかったら、次の商業登記法の択一問題を解いてみて下さいm(__)m

レベルは至って基本問題です

(問1) 取締役会の決議によって、代表取締役を選定した場合には、代表取締役の就任による変更の登記の申請書に、当該代表取締役を選定した取締役会に出席した取締役及び監査役が当該取締役会議事録に押印した印鑑につき市区町村長の作成した証明書を添付しなければならない


(問2) 持分会社の社員以外の者が持分の譲受けによって社員となった場合に、当該社員の加入による変更の登記の申請書には、持分の譲渡について総社員の同意があったことを証する書面を添付しなければならない



どうですか?

やっぱり簡単ですか?

日本語能力が乏しい私はめちゃめちゃ難しかたです



以下私の思考回路の流れ

問1は、当該印鑑と変更前の代取が登記所に提出している印鑑と同一であれば省略できるから×

と解答

答えは

あー!原則を聞いてたんだね~そういえば、今年の試験前も国語力でめげそうになったけど、

パンダ師匠の対処法で助けられた事があったな~それによると、確か問題文で迷ったときは、

裏の×(添付しなくてもよい→×)は表のだった~それならこれはだね!

よしよし!次からそうしよー!

続いて

問2

これもさっきと一緒のパターンだ!「業務を執行しない有限責任社員の持分の譲渡は、業務を執行する社員全員の同意」だけでいいけど~、、、

これも迷うから~、、迷ったときは、裏の×(添付しなくてもよい→×)は表の!よし

と回答

答えは×

なんで???



こちらは例外を聞いていました

もう分からなくなりました・・




こういうのって、原則を聞いているのか、例外を聞いているのかで答えが変わるよね

まさか、出題者の気分で○×が決まったりすることってないよね

しっかり日本語力がある人はこの2問とも整合つくのかな・・

それともこういう問題でも単に私の勉強不足なのかな・・

確実な知識で対処できるのだろうか

こればっかりはどうしようもなさそうと途方に暮れている私・・jumee☆Feel Depressed4

日本語って難しいヨ・・


もしかして単に私が日本人じゃなかったのかもしれない・・

そう・・

きっとそうだ・・

トンガ人?

パプアニューギニア人?

エロマンガ島出身?

スリジャヤワルダナプラコッテ出身?


イロイロカンガエチャウネ~









11 : 08 : 42 | 勉強 | コメント(10) | page top↑
<<無題 | ホーム | 不登法>>
コメント
--こんばんわ。--

アカマターさん、お疲れ様です。

日本語難しいですよねー!!

とりあえずというか、自分なりの対処方法です。

問題文が不明確で、原則をきいているのか、例外まで聞いているのかが、よく分からない場合には、①原則ではこうなる ②例外も含めて考えればこうなる という感じで場合わけをして考えるようにしておく。

これだと、正解が導けないじゃん!となるわけですが、僕はそれでいいと思っています。

なぜなら、択一は肢が5つあるので、他の4つの肢で判断できる場合が多いからです。

以前、予備校の講師の方に僕も同じ質問をしたことがありました。その時の説明は「内容が不明確な肢は△にして保留、その他の肢で相対的に判断すれば、ほぼ正解を導けます。ひっかけではないけど、動揺を誘っていると肢と考える程度でいいですよ。」というものでした。

また、場合分けができるのであれば、知識としては定着しているので、気にする必要はないかなとも思っています。

少なくとも、国語的に不明確な肢を気にしすぎると、問題文や肢を素直に読めなくなってしまうので、逆に深読みしないように気をつけるようにしています。

色々な意味で、バランスというかトータル的な力が求められますよね。
by: きく * 2008/11/19 00:53 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/11/19 10:02 * [ 編集] | page top↑
----

きくさん


こんばんは!
なるほど~@@;組み合わせ問題なら他の肢との関係から判断することも大切ですね~!
確かに、こういう原則例外を知ってる肢は是が非でも正解したいところなので、深みにハマってしまいがちになります><;!

きくさんのいうように「原則例外のどっちを聞いているのかわからない」と分かっただけでも今回の収穫だと思います^^

次からは他の肢を優先し考えるようにしてみたいと思います!

ほんと色々な意味でバランスが求められるしけんですからね^^v


ありがとうございましたi-179
by: アカマター * 2008/11/19 10:37 * URL [ 編集] | page top↑
----

管理人のみさん

こんにちは!
目から鱗なんですケド・・i-183
管理人のみさん前から尊敬してますが、もう今回は私にとって神の域に達してしまいました・・

非公開なのが非常にもったいないi-240

「例外の重大性に着目」

これで解決できるとは・・
おったまげましたv-356

ありがとうございましたm(__)m
by: アカマター * 2008/11/19 10:41 * URL [ 編集] | page top↑
----

ちは。

私も疑問。
「未成年者の婚姻は、父母の同意を得ないでしたときも、取り消すことができない」(13,19ウ)

普通に考えると多分大多数の人は○にするんですよね。
でも、私は何度やってもこの問題にあったときに×にしてしまいます。
その度に「10歳と5歳が婚姻したときも○って言えんのか? あ? いいかげんなこといってんじゃねえよばーか」って切れてます。

が、昨日この記事を目にしたときによくよく考えてみると、出題者は問題にもよるでしょうがそれほど原則例外について深く考えていないのではないかと思いました。
結局私の書いた例で言うと、「父母の同意を得ないで」ってわざわざ書いているんだから不適齢婚のことじゃないことくらい読み取りなさいよってことだと思います。
今、ぱっとは思いつきませんが、条文通り、判決通りに書かれた選択肢って、ん?と思うことがあっても大抵○なんですよね。
変な問題が多少あるのは仕方ないと思って諦めるしかないかな。

あ、今思いついたけど、例外を問う選択肢だったら、他の選択肢でもでも例外を問うているってことはないですかね?

そんなことないか、、。
ってだらだら書いてるうちに自分がいったい何を言いたかったのかさっぱりわからなくなった私もやっぱり日本語が苦手です。

では。
by: Dr.ぐりっぷ * 2008/11/19 18:03 * URL [ 編集] | page top↑
----

Dr.ぐりっぷさん



こんばんは!
その問題、私も解くたびに○×が変わってしまいそうな問題ですねi-202

それ過去問なんですかi-183
めちゃめちゃ中途半端っぽいですよね・・
どっちかっていうと日本語的にも「父母の同意を得ないでしたとしても
の方ですよね~

「ときも」っだったら、「~も、~も取り消すことができない」みたいに別の言葉にもかかっているきがして考えてしまいますよねi-202

過去問も日本語が完璧じゃないってことでしょうか・・

それとも我々が日本語苦手なだけでしょうか・・

はたまたDr.ぐりっぷさんも私と同じように外国人疑惑があったりして・・i-237

Dr.ぐりっぷさんは欧米系かな、北欧系かなi-228

私は間違いなくバンツーニグロ系かポリネシア系でしょうv-508

by: アカマター * 2008/11/19 22:04 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんばんは。

私も、過去問の解説で

「・・・本肢記述の意味がそのいずれであるかはっきりしない以上、ここでは後者の意味を含むものとして誤りの肢とすべきである。」

って書かれていると、

「これは本試験で出ても自分には無理」

って勝手に思いこんじゃいます。


誰が解いても同じ答えの問題にしてほしいですよね(笑)
by: obaoba810 * 2008/11/19 23:44 * URL [ 編集] | page top↑
----

この手の悩みは回数を重ねて慣れていかないといけませんね。究極的には意図を読み取るセンスの問題かも知れませんが、私もこの点で同じように悩んだ経験があります。
というのは、本試験択一でアカマターさんと同じように逆手に読んでしまって1問落とし、その1問が取れていれば合格だったのに・・・ということがあったからです。非常に悔しかったです。

答練問題は完成度が高く、曖昧な表現は避けて出題しますが本試験は曖昧な表現だらけです。すると答練慣れした人は本試験でうろたえます。そういう意味でも過去問を繰り返し解いておく必要があるのだと思います。
慣れてくると、この論点は一切例外を聞かないとか、逆にこの論点は例外ばっかり聞いてくるといった傾向がわかってきます。
それが瞬時に分かるようにする為に何回も何回も過去問をまわす必要があるのだと思います。

答練問題を解くのも有益ではありますが、上記理由からも過去問重視の方向性にシフトされることをオススメします。
by: パンダ師匠 * 2008/11/20 01:53 * URL [ 編集] | page top↑
----

obaoba810さん


こんばんは!
その系の解説の言い回し方は竹下先生の過去問分析ノートの解説に沢山ありましたi-237

過去問の曖昧さに「他の肢との比較から誤りとするほかない」とか・・i-230

合格ゾーンにはそんな解説はほとんどみたことないので、解く先生によっても過去問の解き方or解説が変わるんだなぁ~と思ってしまいました

我々はお手上げに近いじゃんって思っちゃいますよね~i-229
by: アカマター * 2008/11/20 18:46 * URL [ 編集] | page top↑
----

パンダ師匠

お久しぶりです!
私は、答練ばっかり解いていると合格からとおざかるという声に、私はいつも「何も答えが二つになるわけじゃないんだし、、、むしろ知識が広がって有益な事以外ありえんi-191」との考えを持っておりました。
しかし、どんなに知識が増えたとしても、本試験独自の曖昧な言い回しや、独自の問い方というのは過去問でしか得ることができませんねi-202
そう考えると、自分にとって過去問を解く事が、たいして力が伸びない事だとしても、本試験問題を正解に導く為には最高の勉強方法かもしれないと思ってきましたi-202
答練とのバランスを考えながら作戦を練り直したいと思います

ありがとうございましたm(__)m

by: アカマター * 2008/11/20 18:48 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。