スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
民法過去問(62年度)
2007 / 10 / 06 ( Sat )
民法 合格ゾーン過去問62年度)

正答数 17/23
正解率 73.9

仕事終わってからの勉強に段々慣れてきました
そして明日は久しぶりの仕事休み~休みをとりました~明日はLECで司法書士実務家講演会があるので、是非聞きたいからです参加無料だし、沖縄での司法書士の諸事情等が聞けると思うので今から楽しみです片道2時間行ってきま~す



重要な肢間違った肢○×問題   (民法過去問 62年度版)


1 社団法人の被用者がその事業を行うにつき他人に損害を与えた場合において、その選任及び事業の監督につき相当の注意をしたときは、社団法人は、その損害を賠償する責任を負わない
(62-1)

2 無権代理行為の相手方は無権代理人に対して、無権代理人であることを理由に損害賠償の請求をしたときは、もはや、無権代理人に対し履行の請求をすることはできない(62-2)

3 不動産質権は、不動産の引渡しによって成立するが、質権者がその占有を失っても消滅しない(62-6)

4 留置権者は、債務者の承諾がなければ、留置物に質権を設定することができない(62-10)

5 指名債権が二重に譲渡された場合において、双方の譲渡につきその通知があったときは、先に通知があった譲受人は、後に通知があった譲受人に対して、債権の取得を対抗することができる
(62-14)



答え


1 ○ (715Ⅰ但書)
2 ○ どちらか一方を請求したときは、他方の請求をすることはできない
3 ○ 不動産質権は、質権者がその占有を失っても消滅しない。なお、質権者が、不動産を設定者に返還することによってその占有を失った場合でも、質権は消滅しない
4 ○ (298Ⅱ)
5 × 債権譲渡を債務者以外の第三者に対抗するためには、通知又は承諾は確定日付のある証書をもってしなければならない(467Ⅱ)








20 : 15 : 37 | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<民法過去問(63年度) | ホーム | 民法過去問(61年度)>>
コメント
--こんばんわ。--

アカマターさん、こんばんわ。

実務家講演会面白そうですね。情報収集をすることもモチベーションUPにつながりますし、合格後の青写真というか、合格後の目標みたいなものがあれば、より強いモチベーションを維持できると思います。良い話がたくさん聞けるよう祈っております。

ところで、仕事しながら勉強するのは、アカマターさんのおっしゃるように、時間をいかに確保するかが重要だと思います。仕事に拘束されてしまう時間以外をうまくやりくりするしかないですから、、、、、。
僕は、睡眠時間を削れないタイプ=睡眠時間を削ると極端なマイナス思考になってしまい、勉強と仕事に悪影響がもろに出てしまいます。

とりあえず、気合で、明日と明後日で商登択一を終了させて(もちろん精度は落としません)、予定を少し前倒しして、来週から会社法書式に突入したいと考えています。

なお、民法択一の問題及び解説をブログに掲載してもらい、大変助かっています。
といっても、民法からはかなり遠ざかっているので「この肢が分からなくなってるなんて、やばいな~」という感じで恐怖感を抱いています。しかし、同時に、モチベーションが途切れず「早く民択までいかなければ」と強く思います。

それでは、明日は、お互い有意義な一日にしましょう。
by: きく * 2007/10/06 23:55 * URL [ 編集] | page top↑
----

きくさん


おはようございます!
今日の講演会は、かなりやり手の司法書士みたいなので、為になる話はばっちりメモしてきてブログで紹介しますね^^

私も昨日から6時間睡眠にしてるのですが、仕事中&勉強中、眠い眠い^^;慣れなのか、合わないのか今現在は逆効果になってます^^;睡眠以外でも、もう少し時間作れそうなので私も考えなおそうかな~^^;
きくさんは、確か法律事務所の職場でしたよね!?法律に携われる仕事はやっぱり憧れます^^モチベーションも結構維持できるんではないでしょうか!?

そして私の一問一答を解いて下さってるんですね!ありがとうございます^^自分の間違った結構単純な肢が多いので良問とはいえないかもしれませんが・・
早く民法過去問終わらせたいです><;会社法や不登法に入って、きくさんにおいつかなきゃ^^
by: アカマター * 2007/10/07 07:11 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akamata.blog113.fc2.com/tb.php/36-47d8b281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。