スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
民法過去問(元年度)
2007 / 10 / 08 ( Mon )
民法 合格ゾーン過去問年度)

正答数 21/23
正解率 91.3


昨日は実務者講演会に行ってきました~教室は40人くらいで席はほぼ満席でしたその3分の1くらいは初学者か、これから司法書士を目指そうか悩み中の人に見えましたそんな中、私は一番後ろの端っこにポツンと一人座ったのですが、私の前の席に座って来たカップルがウザかった特に女講演中にLECのパンフレットのビニールを鉛筆でプチプチ穴あけてるし、イチャイチャしながら耳元でコソコソ話してるしカップルで目指すのも楽しいと思うけど、いわばべテ&独学の私は「司法書士なめとんのか~」と心で叫びながら、目の前でイチャイチャするカップルをしっかり観察してやりました

てめーらには絶対負けないかんな~


重要な肢間違った肢○×問題   (民法過去問 元年度版)


 抵当権の目的は、不動産に限られない(元―4)

 利息債権については、その弁済期を過ぎれば、遅延損害金が発生する(元―13)


答え

 ○ 不動産、地上権、永小作権(369)
 × 利息の支払を遅延しても、それによって当然に遅延損害金が発生するのではなく、利息が1年分以上延滞し、債権者から催告をしても債務者がその利息を払わなかったときに初めて利息を元本に組み入れることにより、遅延損害金が発生することになる(405)




12 : 57 : 11 | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<民法過去問(H2年度) | ホーム | 民法過去問(63年度)>>
コメント
--こんばんわ。--

アカマターさん、こんばんわ。

そういうカップルの人もいたんですね。まあ、とりあえず、いろんな人がいるっていうことで、、。

また、講演をされた先生はやり手ですね。先生1人に対し補助者7名とは、、、。
確かに、こちらにも(東京)大規模事務所はありますが、数的にいったら絶対少数ですし、例えば8名の事務所なら、通常は先生(有資格者含む)が3~4名で補助者も同数となることが多いと思います。こちらで、先生1人に対し補助者7名の事務所があるとすれば、破産・個人再生・債務整理などの業務をかなり扱っている事務所になるはずです。つまり、これらの業務はかなり定型的な業務であるため、そのほとんどを補助者に任せることが可能となります。即ち、補助者が自分たちの給料分以上の仕事をすることが可能となり、かつ、登記申請業務の事務も並行して可能となるわけです。付け加えれば、これら業務は、そのほとんどが事務所内で処理できるのです。
但し、それだけ多くの補助者を抱えるというのは、マネージメント能力、平たく言えばリーダーシップ・営業能力も含めて経営能力が優れていることになります。まさに「やり手」です。更には、人が多くなれば、色々なトラブルというか、煩わしさも生じます。ある程度はしょうがないとしても、一定ラインを超えれば業務に支障が生じますしね。要するに、試験に受かる=経営能力が優れている訳ではない、ということになるのでしょう。
このことは、しみじみ感じます。だから、仕事中は、いかに早く(時間の節約)、間違いなく(二度手間などをなくし時間及び労力の節約)、引継ぎ事項等は誰でもわかるよう(内容や要点を無駄なく端的に伝えて誤解や間違いが生じて二度手間・時間・労力が余計にかからないように)、業務を処理するかを心がけています。このようなノウハウは、多少業種が違っていても応用できるはずですし、事務処理能力を養うことができます。そして、実は試験に直結する能力だと感じています。

話は若干それてしまいましたが、アカマターさんがもらった「やる気」は、やり手司法書士の先生からもらったものですから貴重なものだと思います。言い換えれば、合格者から「バトン」を受け取ったとも言えます。非常に有意義な日になりましたね。

そして、お互いが、来年、合格というバトンを次の人たちに渡せるように頑張りましょう!!!

by: きく * 2007/10/09 01:01 * URL [ 編集] | page top↑
----

きくさん


おはようございます!
補助者7名とはよっぽど凄いんですね!!
でも、その先生いわく「私より大きい事務所は沢山あるので~」みたいなことおっしゃっていたので沖縄ではそんなにめずらしくないのかな!?
ということは、きくさんの言うとおり破産・個人再生・債務整理がよっぽど多いのかも知れません。沖縄は所得水準もダントツの全国最下位ですし、失業率も全国平均の2倍あります。ギャンブル性もかなり高いです。だから多重債務者の問題が多く司法書士の活躍の場が多くなるのでしょうね。
それは事務所も大きくなることを意味しますね^^嬉しいことかもしれませんが、きくさんの言う通り、リーダーシップや経営能力が必要になりますね!私はまだまだ世間知らずでの若造で、今現在、その能力は皆無に近いです^^;今の仕事では事務処理能力を身につけることはできませんし・・試験に受かってから苦労するんでしょうね><;
そういう意味できくさんがとても羨ましいです^^
by: アカマター * 2007/10/09 08:14 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akamata.blog113.fc2.com/tb.php/38-7e6f0367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。