スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
民法過去問(H12年度)
2007 / 10 / 19 ( Fri )
民法 合格ゾーン過去問H12年度)

正答数 15/21
正解率 71.4


平成12年度の民法は恐ろしすぎる学説問題8問、超難の推論問題1問、借地借家法のみの問題1問、今までの年の中でダントツ難しい「沢山間違えろ~」と試験作成者は作問したとしか思えないそういえば、この平成12年度の試験後、司法書士を諦める人が続出したとかいう話を聞いたような気がします当時の過去問に無かった新しい論点&学説が多発だったので、過去問対策で挑んだ人は目から鱗、太刀打ち出来ず見切りをつけたのだろうと思います極端に平均点上下させようとする問題作成はやめて欲しいですね平成20年度がこんな年にならないよう切に願います



重要な肢間違った肢○×問題   (民法過去問 H12年度版)

 錯誤により家庭裁判所に相続の放棄の申述をした相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月を経過したときは、その無効を主張することはできない(12-19)

 遺留分減殺請求を受けた受遺者は、遺贈の目的物の相続開始時における価格を弁償することにより、目的物の返還を免れることができる(12-21)

 父が親権喪失の宣告を受けた後、母が管理権喪失の宣告を受けた場合、後見が開始する(12-22)

 養父母双方と未成年が離縁した場合、後見が開始する(12-22)

答え

 × (95本文、最判昭30.9.30、最判昭40.5.27)
 × その価格の算定の時期は、相続開始ではなく「現実に弁償がなされる時」である(最判昭51.8.30)
 ○ 「未成年に対して・・親権を行う者が管理権を有しないとき」に当たり、その間の未成年の子につきに成年後見が開始する(838①)
 × 離縁によって縁組が解消した場合には、実父母の親権が復活するので、未成年後見は開始しない(838①)



19 : 10 : 17 | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<民法過去問(H13年度) | ホーム | 民法過去問(H11年度)>>
コメント
--こんばんわ。--

アカマターさん、こんばんわ。

択一の重要な肢&間違った肢の○×問題は、いつも拝見しております。「早く民択まですすまなきゃ~」と思いつつ「この問題(肢)はいつも迷うよ~」とうなっています。
ここのところ勉強時間も確保できておらず、重要な肢&間違った肢の○×問題をみて、非常にあせっています。

話は変わりますが、先日、アカマターさんの言っていたように「仕事を減らしてでも勉強をする」ということについてです。
やはり、僕らのように仕事をしつつ、合格を本気で目指すのであれば、どこかで時間を調整すべきです。
僕は、ある意味、この試験は一つの大きなプロジェクトであると思っています。合格できなければプロジェクトは失敗、ならば、どうやってこのプロジェクトを成功させればよいのか。人それぞ考え方はありますが、どこかで勝負をかけなければなりません。その見極めは自分でしなければならない。極めて、厳しい自己責任を負うことになるシビアな試験です。
でも、合格して書士になれば、やはり自己責任を負うんですよね。

気合いれてお互い頑張りましょー!!

by: きく * 2007/10/20 00:22 * URL [ 編集] | page top↑
----

きくさん

こんにちは!
○×問題解いてもらってありがとうございます!私が勝手に重要と思ってる肢&間違った肢を載せているので、同じ受験生の方が良問と思ってくれたら、それはとても嬉しいです!「こんなの簡単・・」と思う肢も多々あるとは思いますが、寛容な目でみてくださいね!
平成13年度が良問と思われる肢が沢山ありました。是非挑戦してみて下さい^^

又、きくさんは自分のペースで民択を後回しにしてるので、迷っても全く問題ないと思います!私は民法以外は初心者レベルなので、私をみて焦る必要は全然ないですよ^^;

仕事をしながらの勉強はとても大変ですが、合格するプロジェクト、いわば勉強は「仕事の一環」と考えて真摯に取り組むべきですね!

受かるも落ちるも全て自分の力、仕事しながら厳しい環境でも受かる人は沢山いますので「時間が無かった~><;」とか時間のせいにはしたくないですね!頑張りましょうね^^v
by: アカマター * 2007/10/20 10:11 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akamata.blog113.fc2.com/tb.php/51-b5899d44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。