スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
民法過去問(H13年度)
2007 / 10 / 20 ( Sat )
民法 合格ゾーン過去問H13年度)

正答数 18/22
正解率 81.8

早く民法過去問終わらせたい・・・



重要な肢間違った肢○×問題   (民法過去問 H13年度版)


 AがBからC社製造の甲薬品を購入しようとする場合、Bは、C社の従業員から甲薬品はガンの予防に抜群の効果があると虚偽の説明を受け、これを信じてAに同様の説明をし、Aもこれを信じて甲薬品を購入した場合、Aは、Bとの間の売買契約を取り消すことができる(13-1)

 AがBからC社製造の甲薬品を購入しようとする場合、AがEに対しガン予防の薬品の購入を委託し、EがBから甲薬品はガンの予防に抜群の効果があると虚偽の説明を受け、これを信じてAの代理人として甲薬品を購入した場合、Aは、甲薬品がガンの予防に効果がないことを知っていたとしても、Bとの売買契約を取り消すことができる(13-1)

 物の引渡しを求める訴訟において、被告が留置権を行使して引渡しを拒絶した場合、債務の完済までは原告に目的物引渡請求権は生じないので、裁判所は引換給付判決をすべきである(13-9) 

 主たる債務者がした弁済が詐害行為取消権の行使によって取り消され、債権者が弁済金の返還に応じた場合には、保証人は、保証債務の消滅を主張することができる(13-15) 

 強制競売の目的物に隠れた瑕疵があった場合において、買受人が売却許可決定がされた当時、当該瑕疵があることを知らなかったときは、買受人は、当該瑕疵を知っていながら申し出なかった債務者に対し、損害賠償を請求することができる(13-16)

 未成年者の婚姻は、父母の同意を得ないでしたときも、取り消すことができない(13-19)

 真実の親子関係がない親から嫡出である子として出生の届出がされている場合、その出生の届出は無効であるが、その子は、15歳に達した後は、その出生の届出を縁組の届出として追認することができる(13-20)

 相続人が相続の放棄をした後に相続財産を処分したときは、単純承認をしたものとみなされる(13-21)

 遺言者が甲土地をAに遺贈した後に、これをBに生前贈与した場合には、その生前贈与が遺言の内容を失念していたためにされたときであっても、Aは、甲土地の所有権を取得しない(13-22)

答え


 × BがAに対して詐欺を行っていないので取り消しできない
 ○ 本人Aは、甲薬品を購入するという「特定の法律行為を委託」したわけではない。従って、意思表示の瑕疵の有無は原則どおり代理人について定められる(101Ⅰ)
 × 留置権の本質は、引渡拒絶権であり、相手方(原告)の目的物引渡請求権の存在を前提としてその目的物の引渡しを拒む権利であるから、物の引渡しを求める訴訟において、被告が留置権を行使して引渡しを拒絶した場合、債務の完済前においても原告には目的物引渡請求権が生じている。従って、裁判所は、請求棄却の判決をするのではなく、引換給付の判決をすべきである(最判昭33.3.13)
 ○ 詐害行為取消権の行使により裁判所が詐害行為を取り消した場合、債務者の行為は訴訟の相手方に対しては無効となるが、訴訟に関与しない者に対しては依然として有効である(大連判明44.3.24)
 × 強制競売においては、物の瑕疵に対する担保責任の規定は適用されない(570但書)
 ○ (743、744参照)⇔一方、婚姻不適齢者(男18未満、女16未満)に対しては取り消しできるから本問は×のような気も・・
 × (最判昭25.12.28)養子縁組は、法定の届出によって法律上の効力を生じる要式行為だからである。
 × 放棄をした後、その処分が「私(ひそか)にこれを消費」したときにあたらない限り、単純承認したものとはみなされない(921③)但し、相続人となった者がいた場合はこの限りでない(但書)⇔放棄前の単純承認と区別放棄前は「私に~」ではなく一部の処分で単純承認となる
 ○ 遺言者が、遺言をした後にその内容と抵触する生前処分をした場合、その抵触する範囲で遺言は撤回したものとみなされる(1023Ⅱ)





17 : 22 : 51 | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<民法過去問(H14年度) | ホーム | 民法過去問(H12年度)>>
コメント
--こんばんわ。--

アカマターさん、こんばんわ。

「平成13年度が良問と思われる肢が沢山ありました。是非挑戦してみて下さい」とのコメントありがとうございます。年明け早々挑戦できるよう頑張ります。
また、本日の「重要な肢&間違った肢の○×問題」は、総則・物権・債権・親族・相続にわたり非常に勉強になりました。

僕のほうは相変わらずで、商登書式はまだ3分の1程度の消化しか出来ていません。ん~焦りますね。ただ、雑にやるわけにもいきませんから、なんとか頑張ります。

それから、なんとしても来年は合格したい!!と思います。僕もどこかでまとまった時間を作らなければ、、、、、しかし、今は12月前半ぐらいまで土日も時間を作りにくい状況です。
当然、12月中旬から勉強のペースアップを図ります。但し、来年は絶対合格したいので、場合によっては、来年の五月末付けで今の勤務先を辞め、試験までの1ヶ月で勝負をかけようかと考えているところです。
どんなに頑張っても、色々工夫を重ねても、合格しないと自分が報われない。ならば、やはりなんとしてでも合格をするだけの勉強をやり切ろうと思っています。とりあえずは、現時点でできる勉強をきっちりして、来年始めから択一にすすめるよう頑張ります。
by: きく * 2007/10/20 23:45 * URL [ 編集] | page top↑
----

きくさん


土日も時間がつくれないって本当に大変ですね!私はきくさん程、厳しい環境にないくせに、勉強のペースが遅すぎますね…民法過去問だけで、一ヶ月掛かってますし〉〈;
書式は不登、商登どっちも基本の択一さえ手を付けてないのでを始めるのはいつになることやら…

きくさんがいう「なんとしても受かりたい!」っていう気持ち、なによりも大切ですね!5月末に仕事を辞めるかもという選択も受かるためであれば、むしろ必要だと思います。
自分はもちろんですが、きくさん応援してます^^
by: アカマター * 2007/10/21 22:01 * URL [ 編集] | page top↑
----

6番についてですが、
多分、別の肢で不適齢について問うていることから、本肢は単純に父母の同意が欠けている場合のみを聞いているのだと思います。

どちらにせよ、あまり良い肢ではないですね(汗)

やっていて思ったのですが、確実に誤りな肢がある結果として、怪しい肢が正しいと判断される問題って結構ありますよね。

私、アカマターさんに触発されて、民法については司法試験の過去問も解きましたが、
それと比べると精度が低い感じがしました。

とはいっても文句は言えませんので、確実に誤りの肢が判断できるようにしたいですね。
by: 白の受験生 * 2007/10/22 08:04 * URL [ 編集] | page top↑
----

再度すみませんが、4番について。

合格ゾーン08年版では、その肢は誤りになっていました。
ちょうど、おかしいと思っていたところです。

424条の効果は相対効なので、債務者-受益者間の弁済は依然有効。
したがって、保証債務も消滅したままということでいいんですよね。
最新版でどうどうと間違っているなんて、最悪ですよね(怒)

13-15って
○××○○でいいんですよね???

アカマターさんが現在使われている過去問ってどののものですか?
by: 白の受験生 * 2007/10/22 09:02 * URL [ 編集] | page top↑
----

白の受験生さん

こんにちは!
頭が固いと選択肢にやられちゃいますね^^;
頑固な私は頭が固いので、よく選択肢に負けちゃいます!この平成13年の19問のように、「出題者が何を聞きたいのか」を考えないと、間違えてしまいますよね^^;常日頃から問題の聞き方、流れ、色々吟味して解答すべきですね!

そして、平成13-15の件ですが、私が使ってるのは合格ゾーン06年度版です!なので、最新である白のさんのゾーンの方が正しいように思います!そもそも、その肢は不思議に思ったので、覚えようと載せた肢でした!多分、「詐害行為取消権が行使された結果、主たる債務が復活したときは“保証債務の附従性の結果”保証債務も復活する」のではないかなと思います!じゃないと「詐害行為をした債務者」の保証人は得するような気がして・・やっぱり復活させた方がいいと私は思います^^答えが2分されてるので、実際どうなんでしょうかね^^;
by: アカマター * 2007/10/22 15:48 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akamata.blog113.fc2.com/tb.php/52-3d4c3b04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。