スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
民法過去問(H15年度)
2007 / 10 / 22 ( Mon )
民法 合格ゾーン過去問H15年度)

正答数 18/21
正解率 85.7


社員旅行は海が荒れているため中止になりました


重要な肢間違った肢○×問題   (民法過去問 H15年度版)

 Aの自宅の隣接地にあった大木が落雷を受け、Aの自宅の庭に倒れこんだため、Aは、庭に、駐車していた車を有料駐車場に停めざるを得なかった。この場合、Aは、当該隣接地の所有者であるBに対し、占有保持の訴えにより大木の撤去を請求することができるが、損害賠償を請求することはできない(15-9)

 約定利率が定められていない場合に、履行遅滞によって実際に生じた損害が法定利率を上回るときでも、債権者は法定利率を上回る損害賠償を請求することはできない(15-17)

 承諾の期間を定めないで契約の申込みをした場合には、相手方が承諾の通知を受け取る前であればいつでも、その申込みを撤回することができる(15-20)


答え


 ○ 占有保持の訴えの内容である損害賠償請求は、不法行為に基づく損害賠償請求権としての性質を有するので、これが認められるためには妨害者に妨害についての故意・過失を要する。
 ○ 実際に生じた損害額いかんにかかわりなく、法定利率によって計算するのが原則(419Ⅰ参照)
 × 承諾の期間を定めないで隔地者に対してした申込みは、申込者が承諾の通知を受けるのに相当な期間が経過しなければ、これを撤回することはできない(524)


23 : 23 : 26 | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<民法過去問(H16年度) | ホーム | 民法過去問(H14年度)>>
コメント
----

社員旅行の中止、残念でしたね。
でも、勉強時間が確保できたのでよかった
ということで・・・(ムリですかね?笑)
by: 白の受験生 * 2007/10/23 08:46 * URL [ 編集] | page top↑
----

白のさん


こんばんは^^
いや!本当に「勉強時間が確保できたのでよかった」と思っています^^
社員旅行行ったら丸二日潰れてましたから^^;
二日も休むと次に勉強するのが大変億劫になるんです><;
とはいっても、社長のクルーザーにも乗りたかったですけどね^^;
by: アカマター * 2007/10/23 19:48 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akamata.blog113.fc2.com/tb.php/54-da49b891
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。