スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
民法過去問(H17年度)
2007 / 10 / 24 ( Wed )
民法 合格ゾーン過去問H17年度)

正答数 18/21
正解率 85.7


昨日、伊藤塾の「とける記述式」の第1回の無料インターネット受講しましたさすがカリスマ講師だけあって、自信もって話するし、理論的だし、計画的だし、噛まないし、凄いですね~

よかったら、みなさんも無料ストリーミング受けてみては



重要な肢間違った肢○×問題   (民法過去問 H17年度版)

 A,B及びCが債権者Dに対して2000万円の連帯債務を負っていたところ、Aが死亡し、Aの配偶者E及び子Fが当該債務を相続した。この場合、Dは、Eに対し、1000万の限度で、支払いを請求することができる(17-24)



答え

 ○ 相続人が連帯債務を共同相続した場合、相続人は、被相続人の債務の分割されたものを承継し、各自承継した範囲において他の連帯債務者とともに連帯債務者となる(最判昭34.6.19)


21 : 51 : 45 | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<民法過去問(H18年度) | ホーム | 民法過去問(H16年度)>>
コメント
--こんばんわ。--

アカマターさん、こんばんわ。

本日申立てをしたので、やっと残業地獄を脱出し、今日は定時であがりました。今回は、僕自身は初めてする申立だったことと税理士さんが作る決算書が大幅に遅れたため、地獄に引きずり込まれました。
本日から、遅れを取り戻すべく、地道にコツコツやりますよ~。


また、勉強に関しては、自分に合うスタイルが1番だと思います。書式は、6割から7割程度解ければよいわけですし、そのカリスマ先生自身「択一のために時間をとること。書式は基準点クリアを目標にすべきである(書式で高得点は狙わないこと)。」と声高にいってらっしゃいますから。
少なくとも、「人一倍書式の勉強を」とあらためて思ったこと自体を収穫と考えれば良いのではないでしょうか。
この時期は、やはりモチベーションを高めたり維持して、少ない勉強時間を有効に使うことが大事だと思います。何事もプラス思考で、お互い頑張りましょう!!
by: きく * 2007/10/24 23:51 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんにちは。
私は現在「とける記述式」を受講中です。
といっても、型落ちですけど。
11月末でストリーミング放送が終わってしまうので、それまでにすべて終わらせたいと思っています。
by: 白の受験生 * 2007/10/25 13:52 * URL [ 編集] | page top↑
----

きくさん


こんばんはー^^
仕事も落ち着いてよかったですね!時間がとれるようになったというのは本当にありがたいですね!共に頑張りましょう!

そして、「書式で高得点を狙わないこと、基準点を目標にすべきである」とは結構ビックリ!というか感心しました!やはり、勝負は択一、というよりも択一で得点する方が効率良い勉強ということなんでしょうね!確かに、今年の本試験の不登書式で「代位」の論点さえ間違わなければ合格していた人も沢山いたでしょうしね・・なにより、書式は人間が採点するので、高得点とるのは運に近いものがありますね!書式は本質を間違わないような勉強方法がベストかもしれませんね!

択一に重点を置いた勉強をしようと思いました!!
でももちろん人一倍書式の勉強もしようと思います^^;

あー!やること多くて大変だー^^;




白のさん


こんばんは^^
白のさんの受講中の講義って「とける記述式」だったんですね@@;受験1年目なのになんとセンスの良いことでしょう@@;
私なんて4年目にその講座の良さに気付きました^^;





by: アカマター * 2007/10/25 22:10 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akamata.blog113.fc2.com/tb.php/56-4c0edf2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。