スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
民法過去問終了!
2007 / 10 / 26 ( Fri )
今日は案の定、本屋に行く暇がありませんでした
明日も行く暇が無さそうなので、もう平成19年度版は後回しにします
だから、昨日で民法過去問は終わり~


合計正答数 457/553
合計正答率は82.6

やっぱ低いな~ブランクもあり、もう一回りしないと9割以上にならないな・・しかし、もう一回りは当分する予定無し得意の民法(自分ではね)でさえこんな点数なんだから、他の科目はどんな点数になるのやら


明日から不登法の合格ゾーンを開始します


21 : 42 : 21 | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<問題集カテゴリー♪ | ホーム | 民法過去問(H18年度)>>
コメント
--こんばんわ。--

アカマターさん、こんばんわ。お久しぶりのような気がします。

民択終了おめでとうございます、一区切りですね。不登法択一も頑張って下さい。

この時期は、いわば基礎体力を養成している時期であり、ある意味単調できつい時期でもあります。スポーツで言えば走りこみですよね。
しかし、基礎無くして家が建たないように、基礎体力なくして実力の上積みはあり得ないと思います。
じっくり基礎体力を養成して、実力の上積みが出来るように、お互い頑張りましょう。

なお、不登法に取り組むにあたり、もしかしたら多少モチベーションが上がるかもしれませんので、脱線話を、、、、、、、。
現在、司法改革の一環でロースクールが設立され、新司法試験も導入されて、司法試験合格者の数が増えているのは周知のとおりです。
しかし、現場(法律事務所等)はこれに対応
しておらず、司法試験合格者は就職先が見つからない人もいるそうです。現実に、日弁連から、各事務所に「なるべく合格者を入所させて欲しい」という通達が出る始末、、、。既存事務所側としてみたら、合格者が増えている以上、どうせ雇うなら「優秀で人柄の良い人物が良い」という感じで「選別」する訳です。ただでさえ合格者が多く、また選別される以上、あぶれる人も出てくるわけです。
このあぶれた合格者の方々の中には、破産申立・民事再生・債務整理等を専門にしている事務所に入ったりするそうなのですが、中には「司法書士の領域」に入ってくる方々もいるそうです。つまり、平たく言うと「裁判もやるし、登記もやりますよ」って感じです。法的な素養のある人が、実務書を見ながらやれば結構出来ちゃうもんですからね(当然失敗する場合もありますが、多少のことなら補正すれば良いわけです)。

しかし、僕らは、不登法や商登法を択一も書式も現にやっているわけですから、負けるわけにいきません。絶対に!!
なので、不登法も頑張って下さい!!!

またまた長くなってしまいました、いつもすみません。
by: きく * 2007/10/27 00:41 * URL [ 編集] | page top↑
----

きくさん



こんばんはー^^
弁護士が登記に流れてくるんですか~@@;そうなると仕事とられるので、一大事ですよね!近年の司法制度改革は弁護士少ないから大量に合格者を出してると思ってたら、そんなんじゃ逆に弁護士過剰になってるじゃないですか~(T_T)もしかすると今後、登記専門の弁護士とか増えたりして…

又、事実か分かりませんが今年の司法書士試験を受けた学生が「司法書士は難しいからロー行って弁護士になる」って言う噂を聞いた事があります。本当だとすると登記したいが為に弁護士になる人もいるかも分かりませんね!こりゃ大変だ!
よーし!弁護士に負けぬよう、「カリスマ登記家」を目指しましょう!!これから登記科目の勉強は特に気合いを入れ、お互い頑張って行きましょう!!
by: アカマター * 2007/10/27 21:06 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akamata.blog113.fc2.com/tb.php/58-9dab0d5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。