スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
不動産登記法過去問 H9・10年度
2007 / 11 / 03 ( Sat )
不動産登記法 合格ゾーン過去問


H9年度         
正答数 13/16
正解率 81.2

H10年度
正答数 14/16
正解率 87.5


不登法で一番好きな分野はなんといっても『相続関係この分野は実務についてもスペシャリストになりたいと思ってますというのは私の周りで相続問題でもめてる人が多いこと多いこと特に沖縄は「楽して儲けよう精神」が多分全国一高い(パチンコ等ギャンブルに依存する人の人口に占める割合がダントツ高い)ことから相続問題では兄弟同士でもめる事が多いよう思います
そういう事情から司法書士の職務の中ではこの分野が一番、身近な人を助ける、もしくはアドバイスできる分野だと思うので、『相続関係』は勉強のやりがいがあるんですまだまだ得意とは言えませんけど・・



20 : 07 : 30 | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<不動産登記法過去問 H11・12・13年 | ホーム | 不動産登記法過去問 H6・7・8年度>>
コメント
--こんばんわ。--

アカマターさん、ご無沙汰しております。
また、完全勝訴おめでとうございます。勉強頑張って下さい。

ところで相続関係についてです。
ほとんどの依頼者の相談の出発点は「俺は○○万はもらう権利あるんでしょ??」的なことからはじまりますので、相続分の計算が的確にできること自体、非常に有利です。もちろん、単純な相続放棄の手続きが出来ることも非常に有利です。
当然、相続関係は登記にからむことも多くなりますので、この意味でもとても重要ですよね。
この相続関係の登記にからんで、ご存知のように、訴訟関係の知識も必須です。なぜなら、相続→もめて裁判→和解・判決となって、登記の依頼が弁護士経由でくる事も多いからです。この場合、原告・被告は、登記手続的には、登記権利者・義務者に置き換えられ、司法書士は判決正本や和解調書の内容どおりの登記手続きをしなければなりません。そして、判決正本や和解調書の内容に関して、登記がらみで条件や期限付きの条項があれば執行文の付与申請が必要になります。このレベルになると、依頼者はもちろん弁護士も「?????」です。このあたりのことを弁護士を含めた関係者にうまく説明できるか否かで、「司法書士の実力は分かる」とも言えるかも。なぜなら、相続・登記・訴訟の知識があり、更に手続き的な知識がなければ、弁護士に説明できませんし、弁護士が納得しなければ、依頼者も納得しませんので。
逆に言うと、このような手続きまで熟知していれば(書士試験レベルの不登法・訴訟法レベルで十分)、少なくとも弁護士は「相続登記関係のみならず、訴訟がらみの登記はこの司法書士に頼めば安心だ!」と思うのです。

また、直接、相続関係の依頼や相談を受けたときは、当然その家の財産状態や家族関係まで把握することになります。このとき、「三男は商売が行き詰って債務超過だな=債務整理・破産の手続きが必要になるかも」とか「今回依頼どおりの登記をしたとしても、高齢の母親がいるから、また相続が発生するな」とか「このままだともめそうだから、とりあえず法定分で相続登記を入れてから、遺産分割協議に入ったほうがいいかも」とか、色々な意味で仕事を広げることも可能といえます。

またまた長くなってしまいましたが、要するに、モチベーションをより維持してお互い勉強を頑張りましょうということです。勉強時間を確保した分、頑張って下さい。
by: きく * 2007/11/04 00:37 * URL [ 編集] | page top↑
----

きくさん


こんばんは^^
相続関係の実務のお話をして下さってありがとうございます!ちょうど昨日、不登法択一で執行文付与の分野を要チェックノートにまとめた所でした^^執行文付与の分野の知識は実務でかなり役に立ちそうですね^^それを聞いてまたまたやりがいを感じました!又、複雑な相続関係の登記はどのように登記をするかは司法書士によっても様々かもしれませんね!(基本的には登録免許税を安くするよう考えるんですかね^^;)だから幅広い相続関係の知識のある司法書士はよりベストな遺産分割やその登記をすることができるだろうし、魅力的ですよね^^憧れます!

いつもいつも私が興味深々の実務関係のお話ありがとうございます^^こういうのを知ってて勉強するのと知らずに勉強するのは大きな違いです!もちろんモチベーションも全然違います^^

あと11月の半ばくらいまでは週5で仕事です^^;その後は週3~4なのでまぁ完全勝訴ですかね^^
by: アカマター * 2007/11/04 20:04 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akamata.blog113.fc2.com/tb.php/66-1a4ccf4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。