スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
プレ司法書士オープン♪
2007 / 11 / 26 ( Mon )
え~はっきり申しましてここ3日間全く勉強していません・・友人の式の事で頭が一杯でした。合格者でこの時期に3日も勉強しなかった人いますかねぇいても一部の天才くらいでしょうか・・。
これを挽回すべく深刻に捉えなければなりません

又、3日も休むと勉強し始めるのがかなり億劫になってます何かモチベーションを上げる良いものは無いかネットで探したところ、

ありました
見つけました

それは『プレ司法書士オープン』(辰巳法律研究所)という全国総合模試です12月に開催されるそうです
どこの予備校よりも早く、全問新作で、記述の添削、成績表まであるそうです
そしてなんと無料で受けられるんです
こんなおいしい模試受けるしかないでしょう(定員に達し次第、締切りになるそうなので皆さんも申し込んでみては)申込み開始日は11月26日(月)なので、本日から予約受付開始ですね

この模試で、ある程度の成績を残したいので、模試を受ける日までに急スピードで全科目を回したいと考えてます。とは言っても、憲法・刑法・商登・民訴・民執・民保・供託・司書法はまだ過去問にさえ手を付けてないんですよねぇ11科目中8科目を後一ヶ月で回すってかなり無謀だなぁ・・。半年ぶりの科目ばっかりで沢山忘れてるだろうし、実際、ここ2ヶ月で3科目しか回せてないし・・大丈夫かなぁ・・
でもやるしかないでしょう自分を追い込む為に

とりあえず目標点数

午前 26/35
午後 24/35

書式 不登 
    商登 

くらいとれればこの時期では一応及第点かなこの点数を目標に勉強していこうと思いますがんばるぞ~
01 : 02 : 13 | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<自習室の有効活用 | ホーム | 石山教授の新会社法短答演習>>
コメント
--こんばんわ。--

アカマターさん、こんばんわ。ご無沙汰しております。

ところで、模試の件ですが、相変わらずチャレンジャーですね。モチベーションを上げるには良い機会だと思います。

そこで提案です。アカマターさんは今回の模試を受ける、僕はスルーしますが、お互いチャレンジャー(来年必ず合格するつもりで本試験を受ける)であることには変わりありません。なので、来年の4月ぐらいに実施される同じ模試を二人で受けて「最強のチャレンジャー」がどちらか決めませんか?
大げさに言えば、西日本新人王と東日本新人王で決戦をする、ということです。
試合会場(どの模試にするか)は、アカマターさんにお任せします。

お互いのモチベーションをより向上させるという意味では有意義な企画だと思います。
by: きく * 2007/11/26 23:53 * URL [ 編集] | page top↑
----

きくさん


いいですね~^^いいですね~^^
お互いに切磋琢磨しながら勉強するって最高のモチベーションUPじゃないですか^^
それじゃあタイトルマッチは

第一回 全国統一模試(wセミ)
第二回 全国統一模試(wセミ)
第三回 全国公開模試(LEC)
第四回 全国公開模試(LEC)
第五回 全国統一模試(wセミ)
第六回 全国公開模試(LEC)

あたりとしましょうか^^?日程は合ってるかわかりません^^;もっとタイトルマッチ増やしてもいいですよし^^

勝敗は防衛回数で勝負しましょうか^^?
それとも

A判定 5P
B判定 3P
C判定 1P
E判定 -1P

などとしてトータルで勝負しましょうか^^?

1ラウンドKO的な点数だして負けたらさらに頑張れるし、1ラウンドKO的な点数で勝ったらこれもさらに頑張れるし、勝負するのはお互いにとってとても良いことだと思います^^

是非タイトルマッチしましょう^^!!
by: アカマター * 2007/11/27 21:11 * URL [ 編集] | page top↑
--こんばんわ。--

アカマターさん、早速のお返事ありがとうございました。

どの模試にするかをお任せしたのですが、もう少し時間を下さい。理由は、伊藤塾の模試と書式の直前講習の日程がまだ決まっていないからです。年明けぐらいには分かると思いますので、もう少しお待ち下さい。

また、まず、判定方法について、原則会場受験とし、やはり模試は自己の勉強の成果を分析する意味でも、択一についてはとりあえず科目ごとの点数を公表する。書式についても同じ。これは、自己の欠点・弱点を分析し、4月時点での勉強の優先順位を見極める意味もあります。
次に、午前択一・午後択一・書式について、予想足きり点を下回った場合には、本試験にならい、その時点でアウト。
最後に、全ての予想足きり点を突破したら+1ポイントとし、二人とも予想足きり点を突破していた場合には総合点で上回った方に更に+1ポイント。
以上、あくまでも個人的意見ですし、まだ時間もありますので、判定方法についてはお互いの意見を取り入れて決めていきましょう。

さて、最近の仕事の件ですが、もしかしたら、年内に大型の相続案件を取り扱うことになるかもしれません。担当の先生曰く「これだけの額の相続案件は取り扱ったことがないよ。」と言ってました。遺言が無いので、最終的には遺産分割する必要があるのですが、先生曰く「これだけ相続財産があると、話合いですっきり解決!っていかないよな、絶対、、、。もし俺が相続人だったら『もっとよこせ!』って言っちゃうな。」とのこと。先生から概要の説明を受けたら、特別受益はもちろんあり、不謹慎ですが相続や親子の勉強にはもってこいの案件でした。こういう案件があると、仕事しているフリして六法みれるので非常に嬉しいです。
by: きく * 2007/11/29 00:11 * URL [ 編集] | page top↑
----

きくさん

こんにちは^^
模試のタイトルマッチはまだまだ先の話なのでゆっくり考えて行きましょうね!色々問題点がありますので^^;例えば会場受験となった場合、沖縄ではLECとクレアールと東京法経学院しか受けれません><;(東京法経学院に関してはこっちに予備校も無いのに、去年はわざわざ会場を作って模試を受けさせてくれました)
だからと言って自宅受験で勝負となるとは気分的にも勝負的にもダークな感じがしますよね><;LECとクレアールは確実に会場受験しますが、wセミとI塾は自宅受験になりそうです^^;
ただ、このタイトルマッチはあくまでも本試験合格のためなので、模試で勝った人が本試験に落ちて模試に負けた人が本試験に受かることもありえると考えると厳格に考える必要は無く、「モチベーション維持の為の手段」と考えて自宅受験でも勝負していいとしませんか^^?勿論ズルをする気はさらさらありませんが、自宅受験ばっかり成績よかったら無効試合とします!
まぁゆっくり考えて行きましょうね^^

仕事のお話ですが、「大型の相続案件」とはなんかカッコいいですね^^TVで観るようなドロドロした相続問題なんでしょうね!どう解決するのか、先生の腕の見せ所ですね!
きくさんもちゃっかり六法みちゃって~相続関係が強くなりそうですね!うらやましい~^^
by: アカマター * 2007/11/29 13:19 * URL [ 編集] | page top↑
--こんばんわ。--

アカマターさん、こんばんわ。

模試の件については、自宅受験でも全然構わないですよ。また、判定方法等についても、あくまでも私見なので、ご意見ありましたら是非おっしゃってください。時間もありますし。

仕事の件については、是非やりたい案件です。今年の本試験後、相続・親子関係の条文も見ておらず、そろそろ不登法書式をするにあたり、いい機会になります。
それに、事務所においても「以前はこんな風に処理した。こんな感じで申立てした。」という単なる経験則に基づく感じより「今回の事実関係はこうなっている。だから、適用条文は○○条で、このような判例もある」という感じの方が望ましいのです。やはり、根拠条文を的確に把握しているのとしていないのでは雲泥の差です。
また、今年の前半、結構大きい額の債権仮差しをしましたが、この時も「仮差しの目的物の所在=管轄の問題」を処理する時、先生から「お前なに言ってんの??」と言われました。しかし「保全法○○条はこう規定しているので、管轄は○○(東京ではない場所)になると思います。念のため、地裁の保全部確認してみてもいいですか?」って言うと「えっ?そうだっけ? そうだな。確認して。」って感じになります。この時は、管轄外供託の許可など保全法、手形訴訟もからんだので民訴、など条文見まくりでした。もちろん、その時見た条文は記憶に残りますし、試験にも出るところです。

司法書士は「登記」ってイメージが非常に強いですが、訴訟関係にも強いと実務では非常に役立ちます。
やはり、合格後の目標は「弁護士事務所と司法書士事務所の併設」です。時には弁護士に仕事を依頼し、時には弁護士経由で仕事を受ける。営業をするにしても、営業効果は大きいですし。

そんな目標もあり、来年こそは文字通り「必勝」です。
お互い頑張りましょう!!
by: きく * 2007/11/30 00:43 * URL [ 編集] | page top↑
----

きくさん

こんばんは^^
きくさんは弁護士の先生にも物怖じせず堂々と意見を述べ仕事なさってますね@@;
凄すぎる・・
そして仕事で、民訴、民保、供託法の条文みてるって、羨望!まさしく試験勉強になる職務ですね!
私も今日&明日で商登択一を終わらせ、民事訴訟法に突入する予定です。合格後の簡裁代理業務にも挑戦して行きたいので、得意科目にできるようしっかり勉強しようと思います^^
by: アカマター * 2007/11/30 20:51 * URL [ 編集] | page top↑
--こんばんわ。--

いえいえ、意見を述べるというより「上手にふる」という感じです。事務職員は「ふり上手」でないと、、、、、。
それに、条文みながら仕事するのは結構少ないです。多分、年間で10日あるかないかぐらいですね。
ただ、手続法である民訴、民保、供託法は、条文どおりに手続きが進むことが多いので、条文知っていると得ですし、このこと自体がモチベーションアップにつながります。

とにかく、お互い頑張りましょう。
by: きく * 2007/12/01 01:34 * URL [ 編集] | page top↑
----

きくさん


「ふり上手でないと」って、私も社長をめちゃめちゃおだてたりします^^お調子者の社長なので乗せて乗せて気分良くさせてます^^私が手の平で転がしてるとも知らずに^^

お互い悪ですのぉ~^^
・・ってフリのレベルが違いますね^^;
by: アカマター * 2007/12/01 15:44 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akamata.blog113.fc2.com/tb.php/78-c8e9d0f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。